新学期

ブログ
C0000012

今年もさくらの季節になりました
3月の低温により、山間部では残雪が例年の倍だそうです
そんな中でも、着実に木々は新芽を芽吹かせます
人々も新たなステージを迎える人も多いことでしょう

たとえ環境は変わらなくても 気持ちは変えることができます
考えてみると、そんな機会が一年中、散りばめられているように思います

本当は同じように続いているかのような毎日が 
当たり前でないことを知っていても
なかなかそう思えないものです

先日、小学校の入学式に出席させていただきました
子供たちのキラキラとした瞳と 屈託のない笑顔
そして元気な挨拶
それらをつぶさに見つめ 
あらためて可能性という言葉を思い出していました
子供はもちろん、そして大人たちも
可能性を自ら限ることはないと・・・

4月  そんなことを思い出し
木々が芽吹くように 心気を図りたいものです

この記事を見ている人はこんな記事も見ています