損得

ブログ

「人生は選択の連続だ!」
巷でよく聞く言葉の一つ
そしてその選択の判断となる基準がある
往々にしてそれを「損得」で考える人は少なくない
そしてその中心は自分
つまり自分にとって
それは「損」なのか 「得」なのか
を図り 「得」を選ぶ
そうして次から次へと現れる事柄について
いつも「損か得か」で考え 「得」を選んでいく

 

だとしたら・・・・・

 

全ての人が思い通りの結果を得られても不思議ではない
だけど現実はまったく逆で 思い通りに行かないことのほうが多い
いったいそれは何故なのだろうか?
いつもいつも自分にとっての「得」を選んできたのに
選択が間違っていたのだろうか?
それとも もともとそれほど「得」な事ではなかったのだろうか?
それとも「得」って違うところにあるのだろうか?

 

判断基準を変えてみる
好きか嫌いか
もっとも純粋で単純な選択法だ
この方法でいけば

 

全ての人が思い通りの結果を得られても不思議ではない
だけど現実はまったく逆で 思い通りに行かないことのほうが多い
いったいそれは何故なのだろうか?
いつもいつも自分にとっての「好き」を選んできたのに
選択が間違っていたのだろうか?
それとも もともとそれほど「好き」な事ではなかったのだろうか?
それとも「好き」って違うところにあるのだろうか?

 

好き嫌いで選択していくと
我が儘  と言われたり・・・
身勝手  と言われたり・・・

 

何かの本に
選択するときは
「美しいか」「美しくないか」
で決めたらよいと書いてあった・・・

 

だけど そんなの難しすぎてよく解らない・・・
やっぱり選択の基準は「損得」と「好き嫌い」
それで上手く行かないのなら
あえて変えてみたらいい・・・

 

これは自分ではなく 相手にとって「得」
そのうえで「好き」(自分が心地よいほう)
を選んでみる

 

こうしてみたらどうだろう?

 

どうせ上手く行かないかもしれないなら
試してみる価値はありそうだ・・

 

どう思う?・・・・・