遡行

ブログ

趣味の登山も全盛期を終え
円熟期?を迎えつつある

 

今は夏
天候にかかわらず 

 

「風吹かば吹け
 雨降らば降れ
 ただひたすらに
 激流を舞う」

 

という文字を見つけた時から
それを地でいこうと
沢を遡っている

 

毎年変化する形状の
途なき途をゆく
このスタイルは
まさに
下界の歩みと重なる

 

行ってみなければ
やってみなければ
進んでみなければ

 

解らない

 

そしてその都度
己の力量の是非を
いやというほど
突きつけられる

 

今までの歩み方
来し方
を厳しく問われる

 

しかし 致命的な
失敗は即 死につながる
今までの
知識と
経験を
最大限に発動し
現場と照らし合わせ
知恵を絞り
一歩
一歩と

 

ただひたすらに
激流を舞う

 

そんな遡行を

 

これからも
続けて行きたい・・・・