今日

ブログ

今日は昨日の続きではない

 

「毎日」とう言葉を我々はなにげなく言ったり使ったりし、
それを当たり前と思っているどころか、当たり前以前とも考えているように思う。
いやそれ以上に 当たり前などともなんら考えてもいないことかも知れない。
しかし、けして「日常」とか「毎日」とか「日々」は当たり前ではない。
当たり前でないどころか奇蹟ですらある。

 

昨日は確かに生きた 過去。
そして今日は昨日の続きの今日では決してなく、まったく新しい日。
そして昨日まで過去の蓄積された技能や知識や経験を踏み台にして
生きれる有り難い新しい日。
それら過去を活かさなければ、意味はない。
それこそ、「毎日」に成り下がったり、
「日々」や「日常」などという凡庸な表現をすることになる。

 

そして「明日」
これほど不確実な事もない。
今日を懸命に生きずして、明日など来るはずもない

 

つまり、過去を活かさず、流され昨日の続きで今日も生きることになる。
「命」は永遠でもあるかと「勘違い」しているかのように
今日は昨日の続きではなく、新しい一日
さあ、朝から気合を入れよう!!(^^)!

この記事を見ている人はこんな記事も見ています