5分で超簡単!プロの美容師伝授「寝ぐせ直し」テク!

コラム
DSC00846

 

 

寝る前にきれいにセットしても、朝起きてみると寝ぐせで髪がボサボサ……なんてこと、多々ありませんか?
しかも時間がない日に限って、寝ぐせがひどかったり……。
シャンプーでもすれば、良いのでしょうけれど、そんな時間もないし・・・
そんな時、どうすれば簡単にきれいに寝ぐせを直すことができるのか、考えてしまいますよね。
そこで今回は、実際にプロの美容師が行っている、寝ぐせ直しのテクニックをレクチャー。
たった5分で簡単に、誰でもできる直し方をご紹介します♪

■しっかり髪を乾かしてから就寝
寝ぐせの多くは、水分が残った状態の髪の毛が、乾燥する際にくせがつくことで起こります。
寝相や枕の位置、髪質によっても変わってくるので個人差がありますが、しっかり乾かさなかったり、
寝ている間に汗をかいたりすることが原因のひとつです。
しっかりと髪を乾かしてから、就寝するようにしましょう。
それでも、寝ぐせがついてしまったら、直すのに必要なものはこの3つ。
ドライヤーと霧吹き、 洗い流さないトリートメントです。
洗い流さないタイプのトリートメントの種類はなんでもOK!
それでは、直し方のプロセスをお伝えします。

■“地肌”から水を馴染ませる!
大半の方は、一見はねている毛先を濡らし、癖を直そうと思ってしまうようですが、実はそこが落とし穴。
はねている毛先をいくら濡らしても、原因となっている根元がそのままでは、寝ぐせは直りません。
寝ぐせ直しは髪ではなく、地肌にアプローチするものであることを覚えてください。
霧吹きで全体を濡らしたら、地肌を指先でまんべんなくこするイメージで揉み込みます。
次に、コームで希望のスタイルの形にとかし、仕上がりをイメージしやすくしましょう。
この工程をすると、仕上がりがよくなります。

■洗い流さないトリートメントをつける
髪を乾かす前に、洗い流さないトリートメントをつけておくと、ドライヤーの熱から髪を守るだけでなく、
まとまりがよくなります。その後、ブラシなどで根元を立たせるように上にあげ、
ドライヤーでいつも通りに乾かしましょう。
毛先の寝ぐせは、就寝前にしっかりと乾かしていればそうひどくはなりません。
根元を中心にしっかり乾かし、仕上げに軽くブローするようなイメージで行ってみてください。

朝は時間に追われるもの。短時間で確実に寝ぐせを直したいですね。
慣れないうちは時間がかかってしまっても、毎日続けていれば必ず慣れてきます。
3つのアイテムとポイントをしっかり押さえて、続けてみてください。
そうすれば忙しい朝、5分で簡単に寝癖直しが出来、気持ちよく出勤できるはず(^^)♪